妊娠 便秘

妊娠中に便秘になってしまう1番の理由とは?

妊娠中に便秘になるということをよく聞きますし、実際に妊婦さんの半数は便秘に悩まされているようです。

そもそもなぜ妊娠中は便秘になりやすいのでしょうか?
たくさんの理由がある中で特に一番の要因となる理由とはこれです。

 

妊娠によって黄体ホルモンが増えるから

 

それではなぜ黄体ホルモンが増えると便秘になってしまうのでしょうか?

 

黄体ホルモンの役割は、乳腺を発達させたり、体温を上げるなど妊娠を維持するという大事な役割を持っている一方で、流産を防ぐために筋肉を弛緩させ、腸の働きを低下させる役割もあるのです。

 

腸の働きは当然排便に関わる部位なので、当然妊娠によって便秘が起きてしまうことがわかると思います。
もちろん他にも栄養の偏りや、水分不足といった理由も便秘を引き起こす原因となってはいるのですが、これらの場合はある程度体の状態が落ち着けば食事や水分を調整して改善できます。
それに対して、ホルモンは体の本能から起きることなので調整のしようがありません。

では妊娠中の便秘はどうやって対策すればいいのか?

じゃあ妊娠で便秘になった場合は何も対策はできないの?って疑問に思うかしれません。
そういうわけでは決してありません。

 

腸の働きが低下しているのであれば腸の働きを活性化すればいいのです。

 

腸内には悪玉菌と善玉菌がいているのですが、
悪玉菌が多くなっている状態が腸の状態が悪い状態なので善玉菌を増やしてあげる事が大事となってきます。

 

善玉菌を増やすために必要なことはオリゴ糖をとることです。
オリゴ糖は善玉菌の栄養源となるために良質のオリゴ糖をとることで善玉菌が増殖し、腸内環境が整えられていくのです。

 

便秘対策として一番わかり易いのは便秘薬を使うことですが、
排便を促すために腸の蠕動運動を促進すると共に子宮の収縮までしてしまい流産の可能性を高めてしまう場合もあるので最終手段として残しておいて、まずは体に負担をかけない方法から便秘の対策をしていくほうがいいでしょう。