妊娠 便秘薬

妊娠中に便秘薬はよくないのか?

妊娠中は黄体ホルモンの影響によってどうしても便秘になる確率が上がってしまいます。
とはいえ便秘だからといって放って置くと感染症にかかりやすくなったり大腸がんの確率も上がる確率もあがってしまうので便秘は解決すべきことなのです。

 

しかしながらそこで便秘だからといってコーラックなどの便秘薬を使うことをしてはいけません。
なぜなら便秘薬は流産の可能性を高める可能性があるからです。

 

便秘薬は大腸のぜん動運動を促進させることによって排便を促すのですが、
「ダイオウ」や「アロエ」を含んだ便秘薬はぜん動運動を促進させるだけでなく、子宮を収縮させてしまう作用があるので流産を引き起こす可能性が高まるのです。

でも便秘薬がないときつい!

とはいえ便秘を放置しておくことはお腹が気持ち悪くなってしまいますし、体にいいこともありません。
なのでもし便秘があまりにもきつい場合は病院にいって処方をしてもらうか、「妊婦であっても使える便秘薬は無いですか?」と薬局で聞いて大丈夫な便秘薬を使うようにしましょう。

 

とはいえやはり妊娠の時期にあまり薬は使いたくないと思うのが当然だと思いますので、
食生活や生活リズムを整えたり、腸内環境を整えたりして便秘対策を行いましょう!