妊娠 コーヒー

妊娠とコーヒーの関連性は?なぜコーヒーがダメなのか?

妊娠中にコーヒーは良くないと言われますがなぜ良くないのでしょうか?
それはカフェインが大きく関係しています。

 

妊娠していると食べたり飲んだりしてとった栄養素は胎盤を通じて赤ちゃんにも送られていきます。
もちろんコーヒーに含まれるカフェインも同様に送られ、濃度すら母体とものが赤ちゃんにも送られてしまうのです。

 

ただでさえコーヒーと取ると落ち着きがなくなったり、不眠になったりするのに、
それがまともに成長しきっていない体に運ばれると負担が大きいのはわかるのではないでしょうか?

 

それ以外にも胎盤の血液の流れを少なくしてしまうとも言われています。
つまり赤ちゃんへ渡るべき栄養が渡りにくくなってしまうということです。

 

とはいえ絶対にコーヒーを飲んではいけないというわけではないので300mg(カップ1杯で56mh程度)までのカフェインであれば問題ないと言われているので、もし普段からコーヒーを飲む習慣があるのであればあまり我慢をせずに量を抑えて飲むようにしましょう。

 

それでもコーヒーが好きでたまらないから飲み続けたい!というのであればカフェインレスのコーヒーを飲むのがいいでしょう。

 

>>妊娠中でも安心して飲めるカフェインレスのコーヒーはこちら