妊娠後期 便秘

妊娠後期に便秘になってしまう理由とは?

妊娠初期の便秘の原因はホルモンによる影響であると書いてきたのですが、
実は後期になるとホルモンも減少してくるのでホルモン自体が便秘の原因となっては来なくなります。
でも後期においても便秘になる確率は高いのです。

 

その理由は子供の成長による腸の圧迫です。

 

子供が成長してくれば当然お腹が出てきます。
外側だけに子供がいてくれればいいですが、そんなことはなく体の内側にまで圧は加わってきます。
そうなれば当然腸が圧迫され便が出にくくなるのはわかると思います。

 

赤ちゃんの成長という喜びもありつつ、赤ちゃんが自分の体調を狂わせてしまうという状態です。

妊娠後期の便秘の対策は何をすればいいのか?

するべき対策は基本的には変わらず、食生活を整え腸内環境を整えるというところなのですが、
妊娠で体調がすぐれない時期が続いているとどうしても筋力も落ちてきています。

 

便を出すために重要な腹筋が弱いという面もあるにも関わらず、運動不足でさらに低下しているのでそのあたりのことも考えて、運動をしてあげる事が重要です。
日頃の食事のコントロールをしっかりし、無理のない程度に運動をするようにしましょう!